<< 日中歴史共同研究報告書 妥協求めた政治的研究(産経新聞) | main | 鳥取不審死 殺害当日「ぐったり」 睡眠薬?同居男証言(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


小沢氏会見わずか18分 疑惑説明なお曖昧 4日勾留期限 窮地か余裕か(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が1日の記者会見で、資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で初めて自らの進退に言及した。一度は東京地検との徹底抗戦を宣言した小沢氏だが、元秘書の石川知裕容疑者(衆院議員)ら3人の勾留(こうりゅう)期限を4日に控え、精神的に追いつめられたのか。それとも自らは刑事責任を問われないという自信の表れなのか。(榊原智)

 この日の小沢氏の声はかすれがちで、いつもの力強さを欠いていた。

 1月31日の東京地検特捜部による再聴取について自ら切り出し、「公平公正な捜査には可能な限り協力してきた。昨日もそして今後も協力していく意思に変わりありません」と語った。まるで3度目の聴取を予見したかのような言いぶりだ。

 強気一辺倒だった小沢氏に心境の変化が表れたのは、世論の批判が大きいのでないか。各種世論調査で幹事長辞任を求める声はすでに7割を超える。石川容疑者らが起訴されれば、さらに風当たりが強まるのは確実だ。

 ましてや自ら刑事責任を問われ、責任をとらずにすむ政治家などいない。そう考えると、小沢氏は当たり前のことを言っただけだとも言える。しかも小沢氏は「議会制民主主義の定着」を政治目標としてきた。世論に逆らう姿は「矛盾」するのではないか。

 一方、小沢氏は、刑事処分が自らには及ばないと踏み、あえて神妙な態度をみせたとの見方もある。石川容疑者ら3人に刑事処分が下っただけでは辞めず、幹事長を続投することをにおわせたとも受け取れる。

 だが、事件に関する説明はなお曖昧(あいまい)で、とても説明責任を果たしたとはいえまい。

 平成16年の陸山会による土地購入の原資4億円とは別に、17年に小沢氏が石川容疑者に預けた4億円について、記者から説明を求められても「捜査中なので申し上げるのは適切ではない」と口をつぐんだ。

 また、小沢氏が1月25日に「(預金を)家族の名義にした」と説明したことを受け、「贈与税はどうなったか」と質問されると「その資金は私のおカネで女房子供に贈与した認識はない」と断言した。借名口座は15年から法律違反になったはずだが…。

 小沢氏は記者会見をわずか18分で切り上げ、横浜市内で開かれた神奈川県連のパーティーに駆けつけた。だが、口ぐせのように繰り返してきた「私の不徳の致すところで、いろいろとお騒がせしている」とのおわびの言葉はなかった。

滑走中に操縦系統に異常か=NZ航空機の離陸中止−成田(時事通信)
日中歴史共同研究報告書 妥協求めた政治的研究(産経新聞)
毎日新聞に100万円賠償命令=元秘書官発言、不正確に引用−東京地裁(時事通信)
早朝、男性はねられ死亡、酒気帯び運転36歳会社員逮捕 大阪(産経新聞)
暴行相手は飲食店関係者=顔にけが、朝青龍酒に酔い(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 10:34
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
即日現金化
携帯ホームページ
債務整理 無料相談
債務整理・自己破産
出会いランキング
無料ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM